カードローンの複数申込みは可能なのか?

2016年9月15日 @ 10:54 PM

カードローン おすすめはには審査がつきものです。ですから審査に通るかどうか不安な人の中には、保険をかける意味で複数の金融機関に申し込んでしまう人もいるでしょう。もちろん複数の金融機関にカードローンの利用を申し込むこと自体は、別に法律で禁止されているわけではありません。自分が利用したいと思ったのであれば、どれだけ多くの金融機関に申し込みをしてもそれは自由なのです。
ただし申し込みをおこなうことは自由ですが、それが審査に合格するかどうかは別の問題です。結論から言えば、複数の金融機関に申込むことは、審査にとっては悪影響でしかないのです。金融機関の立場に立って考えると、いくつもの金融機関にカードローンの申込をするような人は、それだけお金に困っているのではないかという疑念がわきます。当然ながら金融機関は慈善団体ではありませんので、貸したお金が返ってこないのでは経営にも影響を与えてしまいます。リスクを少しでも避けるのであれば、お金に困っているような人とは取引をしないでおこうと判断するのが普通です。したがってカードローンをいくつもの金融機関に申し込んだ場合は、かえって審査に合格する確率を下げてしまうことになるのです。
なお金融機関はそれぞれ信用情報機関と提携しており、申込者の情報はすべて共有されています。申し込みをいくつもの金融機関に行った場合はその情報も信用情報機関に登録され、リスクの高い人物として金融機関に認知されてしまいます。この状態は一般的には申し込みブラックと呼ばれており、申し込みブラックになればまず新規の借り入れは不可能ですので注意しましょう。